ダビングしたDVD等をお持ち込みの際の注意事項

このエントリーをはてなブックマークに追加

自社制作及びダビングしたままのメディアは再生不可能です。

ページ下部の免責事項も併せてご確認願います。

お客様で録画(制作)又はダビングしたDVD又はCD等をお持ち込みになり、当会議室常設機器で再生する場合は、必ずファイナライズを行ったメディアをご持参ください。前記を行っていないメディアは、ダビング及び録画(制作)を行う際に使用した機器以外では再生できません。ファイナライズ以外でも、ファイル形式の変更により、メーカー及び機種を問わず再生可能になる処理方法もございますので、必ず事前にご確認願います。

※ブルーレイディスクは基本的にファイナライズは必要無いとされていますが、一部のBDレコーダーやPCでは、記録形式などの互換性の関係で再生できない場合があります。

※ご利用日当日に、弊社スタッフによるファイナライズ処理又はファイル形式変換作業行えません。

※上記に関し、事前にご連絡いただければ、会議室の空室時に再生可能かお試しいただけますので、ご遠慮無くお問い合わせください。ご来場前に、当ページ下部の「再生可能対応メディア」を必ずご確認願います。

ファイナライズとは?

weblio辞書より抜粋

ファイナライズとは、CDやDVD等の記録メディアを、記録を行った機器以外のプレイヤーでも再生できるようにするために行われる最終処理のことです。

 ファイナライズを行っていない状態のメディアは、通常、データの開始位置が検出できないという理由により、データの書き込みを行った当の機器以外では再生することができないようになっています。その為、目次やタイトルは表示されるのに、本篇が再生出来ない等の状態になります。

ファイナライズを行うことによって、データの書き込みを行った機器以外でも再生することができるようになります。

DVD-Rなどに対してファイナライズを実行すると、メディアはROMと同様の状態となるため、データの空き容量がどれだけ残っていてもそれ以上データを追記することができなくなります。
DVD-RWなどの書き換え可能なメディアでは、ファイナライズを再び解除して追記を行うことができるようになっているものもあります。

免責事項

1、お持ち込みのメディア及び機材と、弊社常設設備との互換性について、当貸し会議室(弊社)では、一切保障いたしておりません。その為、お持ち込みの機材及びメディアが利用(再生)不可だった場合、ご利用日当日の催事進行に関し、弊社(池田エンタープライズ株式会社)では一切責任を負いかねます。
2、ご利用日当日に、当会議室常設のプレーヤーにて、お持ち込みのメディアをファイナライズする事は出来ません。
3、プレーヤーをお持ち込みの場合、常設設備からの配線不可等の理由によりメディアが再生出来なかった場合、当日の催事進行に関し、弊社では一切の責任を負わない事とします。

再生可能な対応メディア

※下記再生可能メディアでも、ファイナライズを行っていない場合は再生できませんのでご注意願います。

〇BD-R/DVD-RAM/DVD-R/DVD-R DL/DVD-RW/+R/+R DL/+RW/CD-R/CD-RW

〇対応ファイル形式→JPEG:ベースライン方式(DCF準拠)|ファイル名の拡張子に「jpg」、「JPG」と書かれたファイル(半角英数字のみ)

※MOTION JPEG非対応